指圧痕とは?脛骨で調べられる浮腫(むくみ)

指圧痕とは浮腫(むくみ)を観察する際に用いる脛骨(足の弁慶)を押した後に残る指のあとのこと。スポンサードリンク

通常浮腫の部分は指で強く押すと凹んだままの状態になることが特徴的。脛骨部分を親指で数秒圧迫し、離すと指の跡がはっきりとくぼんで見える。これが指圧痕である。


【期間限定】ゴロ合わせ9版対応版プレゼント中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください