脱水の種類と原因を現役救命士が詳しく説明!【脱水の覚え方】

脱水の原因と種類、覚え方

こんにちは、空飯です。脱水の種類は3種類です。

  1. 水欠乏性脱水(高張性脱水)
  2. ナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)
  3. 混合性脱水(等張性脱水)

これらの脱水になる原因と特徴を救命士を目指す学生にもわかりやすく説明していきます。

水欠乏性脱水 ナトリウム欠乏性脱水
別名 高張性脱水 低張性脱水
原因 水分摂取不足、発熱、発汗、尿崩症、糖尿病(高血糖性脱水)、浸透圧利尿薬 嘔吐、下痢、大量の発汗などに対して塩分を補給しない、アジソン病、利尿薬過剰
細胞外液量 減少 高度減少
細胞内液量 減少 増加
口渇感 ++
口腔粘膜 乾燥 湿潤
食欲不振、嘔吐
皮膚乾燥
皮膚弾力性の低下 ツルゴール低下する ツルゴール低下なし
皮膚温
倦怠感 +++
頭痛、悪心 +++
意識障害 興奮から昏睡へ 傾眠から昏睡へ
痙攣 ++
立ちくらみ(血圧低下) ++
頻脈 ++
乏尿 ++
ゴロ(P233) マラソン校長脱水 丁重な下痢はナトリウム

水欠乏性脱水(高張性脱水)とは

水が多く失われる脱水が水欠乏性脱水(高張性脱水)です。

主な原因

  • 不十分な水分の経口摂取
  • 大量の嘔吐
  • 大量の発汗
  • 尿崩症
  • 浸透圧利尿薬投与

原因の解説

汗、唾液、胃液のNa+濃度は低いので高張性脱水になりやすい。

Na+が低いということは水分が多く失われやすいということ。

水欠乏性脱水(高張性脱水)になる事例

  • 大量の汗をかくマラソン
  • 朝から晩まで大量の嘔吐した例

このような事案は水分を失った高張性脱水を疑いましょう。

水欠乏性脱水(高張性脱水)の特徴

  • 血管内容量は保たれるのでショックはなし
  • 口渇++
  • 皮膚乾燥++
  • 乏尿++
  • 細胞内は著しい脱水++
  • 皮膚ツルゴール低下++(手背・鎖骨下の皮膚をつまんでも皮膚が戻らない)

水欠乏性脱水(高張性脱水)を現場で疑うまとめ

救急事例

炎天下でのマラソン中に倒れた。

発汗著明、現在は乾燥してきており、皮膚のツルゴールは低下している(皮膚の張りがなくしわが戻らない)

このような場合は水欠乏性脱水(高張性脱水)を疑います。

ナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)とは

水に比べNaが多く失われ脱水となるのがナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)です。

主な原因

  • 下痢・大量の発汗に対して水分のみを補給した場合
  • 利尿薬
  • アジソン病

原因の解説

特に下痢のNa濃度は高いので低張性脱水になりやすい。

Naが高いということはNaが多く失われやすいということ。

ナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)になる事例

  • 朝から晩まで下痢をしたが水分だけは取っていた例

このような事案はNaを失った低張性脱水を疑いましょう。

ナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)の特徴

  • 血管内容量は著しく減少しショックあり
  • 口渇ー
  • 皮膚乾燥ー(湿潤)
  • 乏尿ー(比較的多尿)
  • 細胞内脱水ー
  • 皮膚ツルゴール低下なし(手背・鎖骨下の皮膚をつまむとすぐに戻る)

ナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)を現場で疑うまとめ

 

救急事例

食あたりをし、今朝から下痢が止まらない。(入電21時)

食事は取れないので水分だけとっていた。

顔面蒼白、血圧低下、頻脈、皮膚湿潤、循環血液量減少性ショックを疑った。

皮膚のツルゴールは正常(皮膚の張り良好)

 

このような場合はナトリウム欠乏性脱水(低張性脱水)を疑います。

空飯
下痢が続くなら水分とともに塩分を摂ろうということですね。

混合性脱水(等張性脱水)とは

いずれもが同等に減少した場合を混合性脱水(等張脱水)という。

主な原因

脱水の原因となる様々な場合。

高張性、低張性どちらの原因でも起こりうる。

原因の解説

水分もNaも同じような割合で失われると起きる。

混合性脱水(等張性脱水)の特徴

  • 血管内容量は保たれる。ショックは生じにくい。
  • 口渇+ー(あったりなかったり)
  • 皮膚乾燥+ー(あったりなかったり)
  • 乏尿+ー(あったりなかったり)
  • 細胞内脱水+
  • 皮膚ツルゴール低下あり(手背・鎖骨下の皮膚をつまむと戻りにくい)

ゴロ合わせ

高張性脱水と低張性脱水

P233

マラソン校長だっす、なんと丁重な下痢。

解説

マラソン・高張、脱水 ナトリウム、低張、下痢

水分減少性脱水は高張性脱水。マラソンなどの発汗でなることが多い。

ナトリウム欠乏性脱水は低張性脱水。下痢でなることが多い。

まとめ

空飯

救急では細胞外液の減少が最大の問題です。

処置として、乳酸リンゲル液の輸液が行われます。

脱水による循環血液量減少性ショックに急速輸液は効果抜群なので是非実施しましょう!

スポンサードリンク

脱水の原因と種類、覚え方

【期間限定】ゴロ合わせ9版対応版プレゼント中!


2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください