気管挿管の吸引手順方法 使うチューブのサイズと挿入の長さに注意!陰圧の圧力は?

こんにちは、救命士学習塾塾長の空飯(→プロフィール)です。

 

今回は気管挿管の吸引手順方法を記載しています。

 

カテーテルの入れる方法や使用器具の選択方法を理解しましょう。それではどうぞ。

 

換気の確認実施 左から

胸骨圧迫待て

左湿性ラ音   右 右湿性ラ音

胸骨圧迫再開

気管吸引実施する

ボトルよし   吸引器チューブよし   吸引カテーテルよし

カテーテル接続  接続よし

スワバー  スワバー準備よし

吸引器作動状態よし   吸引準備よし

バックバルブ離脱

挿管チューブ内カテーテル挿入

抵抗あり 1~2センチ引き戻す

吸引開始   吸引 吸引   吸引よし

バックバルブ接続   換気開始

吸引器停止

吸引カテーテル収納  収納よし

換気の確認  左から   胸骨圧迫待て

左換気良好   右 右換気良好

胸骨圧迫再開   気管吸引終了

 

ワンポイントアドバイス

 

空飯

カテーテルは10~12Fを使用します。

 

(外径が人工気道の内径の1/2以下のカテーテルを使用すること)

 

吸引圧は-20kPa(-150mmHg)で実施します。

 

下の画像の吸引機の場合、薄い青(水色)の部分で吸引します。

 

(薄い青が気管用で濃い青が口腔内容です)

救命士の吸引では抵抗のある深さから1~2センチ引いたところから吸い始めます。

 

(看護師では吸引カテーテルが1~2センチ残る程度のようです)

カテーテルの押し込みや急激な操作は気管を痛める可能性があるので注意が必要です。

吸引

 

▼この記事が好きな人は、こちらの記事もオススメです▼

気管挿管のコツ【認定救命士が麻酔科医から学んだ全て】

2019.03.03

医師も満足!確実に上達する救命士特定行為指示要請の練習方法【気管挿管 静脈路確保 薬剤投与】

2018.07.15

BURP法とは

2017.02.11

気管挿管必要物品と手順【気管挿管認定救命士監修】

2016.05.28

【期間限定】ゴロ合わせ9版対応版プレゼント中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください