【ヘビ対策】毒蛇に噛まれたら?マムシやヤマカガシ咬傷に対する応急処置と病院での治療

こんにちは、空飯です。蛇に噛まれた時の応急処置や病院での治療を詳しくまとめました。救急事案の中でも特殊な特異事案であるヘビ咬傷。みなさんは経験ありますか?私はまだないのですが、この記事に知識のすべてをまとめていつでも対応できるように皆さんと勉強したいと思います。日本に生息する蛇はマムシ・ヤマカガシ・ハブの三種類です。これらの毒蛇の特徴と見分け方、病院に搬送するまでの処置、ポイントなどを掲載。この記事ひとつでヘビ咬傷の対策はバッチリです!

スポンサードリンク


【応急処置】もし蛇に噛まれたら!?

縛る、吸引、冷却などの応急処置があるが、専門家の報告は食い違っている。毒蛇咬傷の応急処置はまだ国際的にも確立されていないのが現状。かといって何もしないわけにもいかないので、各処置を詳しく掘り下げてみたいと思う。

1まずは動かない!

咬傷部位を安静にすることは蛇毒の広がりのスピードを遅くする。よって、

走らない

足を咬まれた場合は誰かにおぶってもらう

携帯を持っているならその場で119に連絡し救急車を要請。咬まれた部分を拳上するべきか、下げるべきか的確な報告はない。「心臓より低い位置を保持する」という文献や「軽く緊縛したうえで患肢を拳上する」という文献も…

2口で咬まれた箇所を吸出し排毒!ただし…

咬まれてからすぐに(できれば5分以内)吸い出せると効果的。排毒は口で吸うか、圧迫で絞り出す。ちなみに吸った時に誤って飲み込んでも胃液で分解されるため心配ない。ただし、口腔内に傷があったり、口内炎がある人はやるべきでない。
吸引器があるときは使用する。
水があれば絞り出しながら傷口を洗浄する。
しかし、この処置もいろいろな報告がある。「咬傷から5分以内にできても20%の毒を除去しうる程度」かと思えば「30分以内に切開、吸引すれば30%~60%の毒が除去される」という報告もある。

まとめると…

噛まれたら早めに排毒!

3軽く縛る。強く縛れば逆効果!

咬傷部の10~20cm近位側(体幹側)を皮下静脈のみ圧迫する程度の強さで緊縛する。

ただし、これには賛否両論が…

縛ることで虚血状態になったり、毒が咬傷部位によけい強く作用するため壊死がひどくなるという報告がある。縛らないことを推奨する専門家もいる。

一方、蛇毒がリンパ管を伝わって広がっていくため、リンパ管を圧迫する程度に弱く縛ればよいという専門家もいる。しかし、蛇毒がリンパ管を伝わって広がっていくということが確実に証明されていない。しかも、最初弱く縛っても腫れがひどくなると血行障害をきたすくらいの圧になってしまうことも…

したがって、腫れが縛ったところまで及んだら縛る位置を数センチ近位(体幹側)へ移動させるべきという専門家もいる。

まとめると…

縛ってもいいが弱めに!強い縛りは逆効果!腫れたらずらす

4咬まれた部分を冷やす。効果は?

有効とも無効とも報告されている。少なくとも氷を直接つけて冷やしすぎると組織の損傷を増強させることになるのでしない。

タオルで覆った冷却剤をあてて痛みの軽減をさせるくらいで良い。

【敵を知る】日本に存在する毒蛇の特徴

日本で生息する毒蛇は3種類のみ。この3種類の特徴を解説する。彼を知り己を知れば百戦殆うからず!

日本を代表する毒蛇「蝮(マムシ)」

「ヘビに噛まれて急に腫れてきた」といったらマムシ

出典 https://namamono-moratorium.com/yamakagashi-hikaku-446

日本では3種類しか毒蛇はいない。ヤマカガシはすぐに腫れないし、ハブは沖縄限定。したがって、本土で蛇に噛まれてすぐに腫れるのはマムシ。

  • 生息 北海道・本州・四国・九州・大隅半島・国後島
  • 体長 70㎝ほど(45 – 60㎝で稀に1mの大型も)
  • 春から秋、とくに 7~ 9 月に多くみられている
  • 体色はさまざまだが、典型的なものは灰褐色~暗褐色
  • 背に銭型の斑紋が並んでいる
  • 胴が太く尾が短い
  • 温和な性質
  • 頭は三角形。顔つきが鋭い。
  • 保護色があり、きずかず咬まれることがある。
  • 毒はハブより強い
  • 数分以内に腫れと痛みがある
  • 針で刺したようなあとが1つまたは1cm前後の間隔で2つある
  • 1,2か所の牙痕が多いが4か所程度の牙痕が残ったりもする
  • 上顎の先端に 2 本の長い毒牙がある

生きたマムシを動画で確認

 

沖縄・奄美の凶暴な毒蛇「ハブ」

出典www.okinawa123.jp

沖縄で夜に森に行ったりすると危険。普通の観光ではまず襲われない。攻撃性が強いのでマムシややまかがし以上に咬まれる危険性がある。

  • 生息 沖縄など22島に生息
  • 体長 体長は1~2mにもなる
  • 頭が特徴的な三角形
  • 夜行性で自衛本能が強い
  • 夜行性で日中は活動しない(曇りだと日中も活動する可能性あり)
  • 活動期は主に4月から11月
  • 家屋内に侵入したり、木の上にいたりする

生きたハブを動画で確認

こちらの動画ではハブの生態を詳しく説明しています。応急処置やハブに遭遇しやすい場所、予防策…いろいろ参考になります。さすがハブのいる沖縄の動画!

実は最強の毒を持つ「やまかがし」

ヤマカガシの毒は強力で死亡率10%もあり、マムシ0.1%、ハブ1%と比べると圧倒的です。しかし、ヤマカガシ自体おとなしい性格でいたずらに刺激しなければ咬まれることは稀です。さらに、マムシやハブが持っている2本の毒牙をヤマカガシは持っていません。上顎の奥に約2mmのナイフ状の牙を持っており、この牙で深く咬まれると毒がしみこみ受傷します。ですから、ヤマカガシによる咬傷は捕獲しようとした際に起きる割合が高いです。件数もほかの毒蛇と比べると少ないのもこれらが原因と思われます。

  • 生息 本州・四国・九州の平地から山地まで広く生息。水田周辺によく現れる
  • 体長 体長は60~120cm
  • 色は様々、地域によって 関東赤い斑点 九州黒い斑点 関西くすんだ緑
  • アオダイショウと間違いやすい個体もいる
  • 人が近づいただけで咬まれることはない
  • 通常は前歯で軽く咬まれ無症状~軽症であることが多い(無毒と思われる原因)
  • 奥のナイフ状の牙で深く咬まれると危険。
  • ヤマカガシの血清は群馬県のジャパンスネークセンターでしか取り扱っていない。

 

ヤマカガシを動画で確認

蛇対策グッズの紹介

下記のようなグッズが販売されています。咬まれる前に予防を!

蛇を掴むための道具

蛇が出やすい地域だと持っておいたほうがいいですね。

もしも咬まれたら「吸引器」

咬まれた直後は効果があるそうなので蛇が出やすい場所に行くときや救急バックにあると良さそうですね。

蛇の忌避剤

寄せ付けなくするそうですが、劇的な効果は期待できないようです。蛇研究センターが研究を重ねているそうですがいまだ劇的な薬剤はできていないようです。蛇の住みにくい環境作りが大切みたいですね。

ヘビの住みにくい環境造りをする事が大切です。ヘビが生息しそうな土穴や樹木の根元、石垣の隙間などを埋め、回りの草刈をしてヘビの隠れ場所をなくします。また、ネズミなどヘビのエサとなる生き物を減らす事で間接的にヘビを減らす事も出来ます。ネズミの駆除法はこちら薬剤を使って予防したい場合はヘビ忌避剤スネークアウェイヘビ忌避剤(粒状)やモグラ・ヘビ・ムカデZ(固形)を使用してヘビを近づけない様にします。

参考 テクノ株式会社

病院での治療

参考 東京医科大学八王子医療センター マムシ咬傷

病院では蛇咬傷分類区分でグレードごとに分けているようです。腫れがあった場合は原則入院になるようです。点滴や傷口の消毒が行われ、グレード3以上である「関節までの腫脹」があればマムシ抗毒素の投与となるそうです。

まとめ

まずはどのような蛇に咬まれたかを聴取します。大きさ、頭の形、色、模様。

出典 https://namamono-moratorium.com/yamakagashi-hikaku-446

蛇が出やすい地域の救急隊では、上の写真のような蛇一覧表車載して対応しているところもあるようです。「この中に咬まれた蛇はいますか?」などと傷病者に聴取できれば蛇の特定につながりますね!

さらに傷口をみて特徴がないか観察しましょう。

出典 東京医科大学八王子医療センター マムシ咬傷

マムシやハブに咬まれると上の図のような「牙痕」になるようです。しかし、切られたような傷や、傷口が見にくい、何回も咬まれたなど様々なケースがあることを認識しておきましょう。

咬まれた時間、状況も大切です。「いつ、誰が、何をしていて、どこを、どのように、どのくらいの時間咬まれたか」を聴取しましょう。

 救急隊の活動ポイント

 動かないでもらう。担架などで搬送する。

 緊縛、冷却、吸引は効果は不明。無理に実施しない。

 血清治療に対応可能な病院へ搬送する。

スポンサードリンク


参考

毒蛇の判別 – ジャパンスネークセンター [へび研] 公式ホームページ

マムシ(咬傷) – 日本中毒情報センター

ハブ(咬傷) – 日本中毒情報センター

ヤマカガシ(咬傷) – 日本中毒情報センター

東京医科大学八王子医療センター マムシ咬傷

マムシ咬傷フローチャート

 

この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す