豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガはコチラ

ハングマン骨折(首つり骨折)とは

 

救急救命士のテキスト語呂合わせ

[titled_box color=”black” title=”別名”]
  • 首つり骨折
  • 第2頸椎関節突起間骨折
  • 軸椎骨折
[/titled_box]

[titled_box color=”black” title=”病態”]縊頸で発生。伸展・牽引外力によるC2である軸椎椎弓(じくついついきゅう)骨折(軸椎関節突起間骨折)。絞首刑のさいにみられる骨折であるとされており、縊頸の傷病者では念頭におく(「首つりは頚損してるかも」→詳しくはハングマン骨折疑い)[/titled_box]

スポンサードリンク[ad#co-2] [titled_box color=”black” title=”余談”]hangmanは絞首刑執行人の意味。ハングマン骨折を起こすのは死刑囚である。[/titled_box]


出典 救命士テキスト

スポンサードリンク[ad#co-1]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は19歳で消防士になり、26歳でエルスタ東京へ、
そして最年少で救命士となりました。
研修前には救命士国家試験合格レベルで、
最高に充実したエルスタ生活を送りました。

ですが、
最初から勉強ができた方ではありません。
勉強は超苦手で、高校は実業高校なのにテストで赤点とってたくらいです。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。

僕はもともと勉強が得意だったわけでもなければ、
暗記が得意だったわけでも、
ましてや仕事ができたわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
研修所入校前に救命士国家試験合格レベルになりました。
エルスタ生活にもとても良い影響をもたらしました。
結局、勉強方法を『知るかor知らないか』なんですよね。

どんな人でも研修所入校前に国家試験合格レベルになれます。

やり方さえ学んでいけば誰でも自信をもって救命士になれる。
僕、空飯がどのように救命士になったのかを下記の記事では公開してます。

 
研修所入校前に救命士国家試験合格レベルになった空飯のリアル物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【期間限定】ゴロ合わせ10版対応版プレゼント中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください