豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガはコチラ

人間の細胞の機能と構造 細胞の中には何が入っている?役割を説明できますか?

 

救急救命士のテキスト語呂合わせ

こんにちは、空飯です。今回は細胞について記述します。核、細胞膜、細胞小器官であるミトコンドリア、リボソーム、リソソーム、ゴルジ装置、小胞体、中心体の機能説明を記載。人体は約60兆個の細胞で形成され、大きさは10㎛。人体で最大の細胞は卵子で200㎛。スポンサードリンク[ad#co-1]


出典 救命士テキスト

DNA(デオキシリボ核酸)を保有し、細胞の活動を制御。

細胞膜

リン脂質とタンパク質からなり、物質の出入りを制御している。

細胞小器官

細胞内の一定の機能を有する有形質。細胞小器官、ミトコンドリア、リボソーム、リソソーム、ゴルジ装置、小胞体、中心体は細胞小器官。

ミトコンドリア

ATP(アデノシン三リン酸)を合成する。

リボソーム

蛋白質を合成

リソソーム

有機物を分解する酵素をもち、細胞内消化作用を行う。

ゴルジ装置

細胞内外の物質の貯蔵と供給を行う。

小胞体

蛋白質や脂質の合成を行う。外側にリボソームの付着したものを粗面小胞体、付着してないものを滑面小胞体といいう。
リボソームあると面が粗くなり粗面ないと面ツルツルで滑面。

中心体

染色体を引き付ける中心となる。

まとめ

国家試験でも必修などで良くてできます。特に核、ミトコンドリア、ATP、リボソームはよく問題にも出てきますので必ず覚えましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は19歳で消防士になり、26歳でエルスタ東京へ、
そして最年少で救命士となりました。
研修前には救命士国家試験合格レベルで、
最高に充実したエルスタ生活を送りました。

ですが、
最初から勉強ができた方ではありません。
勉強は超苦手で、高校は実業高校なのにテストで赤点とってたくらいです。

お前には才能があったんだろ?とも言われます。

僕はもともと勉強が得意だったわけでもなければ、
暗記が得意だったわけでも、
ましてや仕事ができたわけでもありません。

そんな僕でも自信を得ることができて、
研修所入校前に救命士国家試験合格レベルになりました。
エルスタ生活にもとても良い影響をもたらしました。
結局、勉強方法を『知るかor知らないか』なんですよね。

どんな人でも研修所入校前に国家試験合格レベルになれます。

やり方さえ学んでいけば誰でも自信をもって救命士になれる。
僕、空飯がどのように救命士になったのかを下記の記事では公開してます。

 
研修所入校前に救命士国家試験合格レベルになった空飯のリアル物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【期間限定】ゴロ合わせ10版対応版プレゼント中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください