救急車で病院へ行くべき「めまい」 鑑別方法や症状をまとめました!

こんにちは、空飯です!めまいを起こす人の多くは末梢性(内耳性)のめまいで軽傷です。しかし、そんな患者に紛れて緊急性の高い中枢性のめまい患者が存在します。中枢性めまいのなかでも小脳出血は迅速に対応しなくては生命が危険に晒されます。中枢性めまい、特に小脳出血を少しでも疑ったら救急車を呼びましょう。ここでは末梢性と中枢性のめまいの鑑別方法や両者の症状をまとめております。参考にしてください。

スポンサードリンク



出典 救命士テキスト

 

末梢性めまいの症状と鑑別方法

  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 頭位性眼振増強(頭を振る、位置を変える)
  • 頭の位置を変えることでめまい増大
  • 水平性眼振
  • カロリックテスト陰性、低下(耳に液体を入れ眼振を見る病院の検査)

中枢性めまいの症状と鑑別方法

  • 意識消失
  • 神経症状
  • 回転性眼振
  • 垂直性眼振

中枢性のめまいは危険です。すぐに救急車を手配してください。
特に意識消失や神経症状(麻痺や歩行障害などの運動失調)がでたらすぐに119番に通報してください。

小脳出血の鑑別

小脳出血の症状は強い嘔気とめまい、体幹部の動揺、歩行障害などの失調症状です。特に失調は特徴的で、簡単に実施できる鑑別方法として、鼻指試験手回内・回外試験をおすすめします。
鼻指試験や手回内・回外試験のやり方はこちら

まとめ

回転性のめまいと嘔吐の患者では、末梢性と中枢性の鑑別が重要。
中枢性めまいのほとんどは脳幹の虚血か小脳出血(梗塞)
特に時間との闘いである小脳出血を見逃さないことがめまいを起こした人の人生を左右します。


出典 救命士テキスト

こちらでもめまいについて記載してます

スポンサードリンク


参考図書

 

この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す