呼吸不全 異常な呼吸音・副雑音の性質・動画音声まとめ 

ヒューヒュー、ゼーゼー、プツプツ、ギシギシ、バリバリ、ガリガリ…

様々な喘鳴や肺雑音がありますがそのまとめです。実際の音も聞けるので参考にしてみてください。

スポンサードリンク


呼吸音のまとめ表

kokyuu出典 救急救命士標準テキスト

動画で聞く様々な呼吸音

ウィーズ

気道側に問題があると聞こえる。呼気で顕著。細い気道に狭窄があると発生する。典型的な疾患は気管支喘息。病状の重症化とともに音が増大するが、さらに重症になると気道が閉塞し減弱する。いわゆるSilent chest(サイレントチェスト)。ヒューヒュー。

ロンカス

気道側に問題があると聞こえる。いびき様の低調音で呼気で聴取。比較的太い気道に可動性の液体があり、狭窄があることを示す。気管支炎などの炎症(分泌物貯留)、異物、腫瘍が原因。ボーボー、グーグー

クラックル

肺側に問題があると聞こえる。断続性のラ音(湿性ラ音)で吸気時に聞こえる。肺炎うっ血性心不全で聴取される。

  1. ファインクラックル 捻髪音。髪の毛の束を雑巾を絞る時のイメージでこの名前。間質性肺炎(肺線維症)で聞かれる。チリチリ、パリパリ。
  2. コースクラックル 水泡音。名前の通り泡がプツプツなイメージ。吸気初期から呼気の初期まで続く。肺水腫肺炎気管支拡張症・気道分泌を伴う炎症で聴取。プツプツ、ゴロゴロ。

ファインクラックル

コースクラックル

ストライダー

吸気時喘鳴。聴診器を使わなくても聞こえる。太い気管支の狭窄。ストライダーは上気道閉塞の所見で、緊急事態であることが多い。ヒューヒュー、ゼーゼー、ヒーヒー。

 

ハマンサイン(ハマン徴候)

心拍に同期して聴取される。縦隔気腫の症例では、心臓の一部を覆う縦隔洞内に空気が貯留しているため、その空気が心臓の収縮期に一致して「バリバリ」「ガリガリ」といった特有の音を発する。

重症度緊急度の判断

慢性呼吸不全の重症度では日常生活がどの程度できるかによって分類。

呼吸困難の重症度分類

%e9%87%8d%e7%97%87%e5%ba%a6

出典 救急救命士テキスト

意識障害、著しい除呼吸または頻呼吸、著明な奇異呼吸、チアノーゼ、血圧低下は緊急性が高い。特に会話ができなければ緊急性は高いので、電話連絡の医師に会話困難と伝えると良い。

チアノーゼが出現しているのにわざわざSpO2は計測しない。早急に酸素投与実施!

橈骨動脈が触れないから血圧を測定するのも同じ理由で良くない。

応急処置と搬送時の留意点

  1. 酸素投与 96%未満で実施。90%が維持されていればよい。CO2ナルコーシスに懸念がある場合は低流量からはじめて、90~94%を目指す。
  2. BVM補助換気 JCS100以上ならば補助換気を考慮する。特に、陥没呼吸や気管牽引などが見られれば気道確保してBVM換気で補助する。この時気管牽引で足部側に牽引された時を合図にBVM補助換気をするとうまく入る。
  3. 異物除去 腹部突き上げ、背部叩打で対応。意識がない傷病者では喉頭鏡とマギール鉗子で異物除去を行う。
  4. 体位管理 喀痰核出しやすい体位を取る。飲み込ませないよう指導。喘息発作では毛布を抱かせた座位が効果的。http://izumidateruo.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/50-29-5c8c.html出典 http://izumidateruo.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/50-29-5c8c.html

まとめ

正直、現場でウィーズ、ロンカス、クラックルなどの細分化鑑別は困難です。聴診で大切なのは副雑音があるか、ないか。左右の音を比べて、左右差がないか。が、まずは大切です。さらに、乾性か、湿性か。呼気時か吸気時か。聴診しなくても聞こえる喘鳴かを判断しましょう!呼吸管理は救命士の要です。酸素投与と体位管理の判断はしっかりできるようになりましょう!

https://www.kango-roo.com/sn/k/view/2555

出典 https://www.kango-roo.com/sn/k/view/2555

更新 2017.10.17クラックル動画追加

スポンサードリンク


この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す