【実際の映像】死戦期呼吸(ギャスピング)の種類 動画のまとめ

死戦期呼吸を見たことがありますか?「死戦期呼吸は正常の呼吸ではない。ただちにCPRを開始すること。」とよく目にしますが、見る機会は少ないと思います。今回は実際の映像をはじめいろいろと参考になる動画を集めたのでご覧ください。

 

スポンサードリンク


 海で溺れた人に心肺蘇生を行って助かった実際の映像

出典 https://www.youtube.com/watch?v=88uCTEmuuGI

除細動後の2:30頃の呼吸が死戦期呼吸です。死戦期呼吸の中でも下顎呼吸と思われます。顎は動いていますが、胸郭がほとんど動いていないことがわかります。

死戦期呼吸の種類

下顎呼吸

吸気時に下顎を動かして空気を飲み込むような呼吸で、顎の動きのみであり胸郭はほとんど動かない。

鼻翼呼吸

吸気時に鼻翼が広がり呼気時に鼻翼が縮まる呼吸であり、やはり胸郭がほとんど動かない。

あえぎ呼吸

深い吸息と速い呼息が数回続いた後に無呼吸となる呼吸。

これらを死戦期呼吸といい、現場や救急室ではギャスピングということが多いです。

いろいろな死戦期呼吸

出典 https://www.youtube.com/watch?v=9PDcXMDDKw4

出典 https://www.youtube.com/watch?v=ejXCS144BZk

出典 https://www.youtube.com/watch?v=EdOvv69I7Qo

出典 https://www.youtube.com/watch?v=f5PWKjwWSJs

まとめ

私自身、何回か死戦期呼吸を見たことがありますが「呼吸が戻った!?」と勘違いしそうになります。一般の人は「口が動いているから呼吸している」と勘違いするのも無理はありません。自分が実際に見て思った勝手なイメージは「釣り上げ、地面に置いて時間のたった魚」です。時間のたった魚は瞳孔が開いて口をゆっくりパクパクさせていますよね?自分はあれと似ていると思いました。救命講習でも「釣り上げた魚がゆっくりパクパク」するみたいな呼吸と説明させていただいてます(笑)

救命士は意識がない傷病者の呼吸を確認した際、呼気を肌で感じられず胸郭の動きがしっかり確認できないときは迷わず呼吸停止と判断できるようにしましょう。また、CPRをしている最中に口が動き出し、飲み込む動作もしてもそれはギャスピングである可能性が高いです。注意しましょう!

スポンサードリンク


AEDを購入・レンタルを考えている方へ

AEDはネットからも購入したりレンタルできます。参考までに下のサイトから見積もりを取ることができるのでよければどうぞ。

AEDの料金を知りたい方はこちら

この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す