ショックの症状を判断を難しくさせる要因

高齢者・運動選手・妊婦・内服薬服薬中・低体温・ペースメーカーなどの傷病者はショック状態の判断が困難になる場合があります。理由はこちらから。

スポンサードリンク


・年齢

高齢者は代償機転が働きにくい

・運動選手

重症度が過小評価されやすい。(運動選手は普段から除脈を呈する人が多い)

・妊婦

生理的血液量増加によりショックを呈しにくい(しかし胎児は危険な状態にある)

・内服薬

βブロッカー薬(血圧を下げ、脈を遅くする薬)内服により代償機転が働きにくい

・ペースメーカー

ペーシング中は脈の評価が不可

・低体温

体温低下時は代償機転が働きにくい

スポンサードリンク


この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す