骨折したらどのくらい出血する?部位別出血量と緊急度の判断

骨折の傷病者では部位によって緊急度が変わってきます。ここでは忘れがちな骨折箇所によっての出血量をまとめました。

スポンサードリンク


出血量の推定と緊急度

suitei/syukketu

引用 救命士テキスト

人の血液は体重×8%が全体血液量です。さらに全体血液量の30%以上を失うと命の危険が伴います。

たとえば60キロの成人ですと60×0,08=4,8ℓの血液量を有しています。

さらにその30%の出血だとすると約1,5ℓの出血で危険となるわけです。

上記の図から緊急度が高くなるのは…

骨盤骨折 1000~4000ml 緊急性大!

両大腿部骨折 2000~4000ml 緊急性大!

骨折に関していうと上記2項目は緊急搬送が求められます。

いうまでもなく、血胸や腹腔内出血も緊急度大です。

現場で使える吐血・喀血量の目安

ティッシュで拭うくらい 20ml以下(少量)

コップ1杯くらい 20〜100mlくらい(中等量)

洗面器半分くらい 100ml以上(大量)

※家族等はやや誇張して言ってくることを念頭に置く。

まとめ

外傷の傷病者で骨盤に動揺がある、両大腿部が痛いなどは緊急性が高いことを肝に銘じましょう!さらに一辺が30cmの出血があればそれは約100mlです。多く見えるようで意外と少ないのを覚えておきましょう。救急現場でとても使える知識です。

スポンサードリンク


更新履歴

2017.3.3 吐血・喀血量更新

この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す