断綴性言語(だんてつせいげんご)とは 小脳症状の一部

小脳症状(小脳性運動失調)の一つであり、構音障害(構語障害)の一型である。

発語は爆発的で、突然調子が変わり、急に速度が落ちたりと切れたりする。音節は不明瞭で聞き取りにくい。酔っ払いのような話し方である。

スポンサードリンク


【期間限定】ゴロ合わせ9版対応版プレゼント中!


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください