失調言語とは 小脳の障害で起こる

小脳が障害されると、言語障害が出現し、失調性言語となる。スポンサードリンク発生に関わる諸筋肉の協調運動が障害されることによる。話の速度はゆっくりとなり、呂律が回らなくなる。滑らかな話し方ができず、途切れ途切れとなる(断綴言語だんてつげんご)。また、急に大きな声を出してしまう(爆発性言語)

スポンサードリンク

スポンサードリンク


【期間限定】ゴロ合わせ9版対応版プレゼント中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください