神経症状とは

救急医療における神経症状とは、麻痺や構音障害(呂律が回らない)、感覚の低下({脱失}触っているのがわからない、痛みを感じない)、異常感覚、手の巧緻(こうち)動作障害(微妙な動作が正確にできない)、歩行障害、視力や視野の異常、嗅覚や味覚の異常、姿勢保持困難などの観察所見のこと。

特に手足や顔面の麻痺、構音障害、視覚障害は脳卒中を判別するのに重要である。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


【期間限定】ゴロ合わせ9版対応版プレゼント中!

【現在のメルマガプレゼント】
・NCPR本番用テスト問題
・どんなに3日坊主だった人でも勉強継続できる秘密の勉強方法
・今後提供予定のパスワードページの閲覧権利
・ゴロ合わせ~救命士テキスト9版対応~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください