失調言語とは 小脳の障害で起こる

小脳が障害されると、言語障害が出現し、失調性言語となる。

スポンサードリンク


発生に関わる諸筋肉の協調運動が障害されることによる。話の速度はゆっくりとなり、呂律が回らなくなる。滑らかな話し方ができず、途切れ途切れとなる(断綴言語だんてつげんご)。また、急に大きな声を出してしまう(爆発性言語)

スポンサードリンク


この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す