人間の細胞の機能と構造 細胞の中には何が入っている?役割を説明できますか?

こんにちは、空飯です。今回は細胞について記述します。核、細胞膜、細胞小器官であるミトコンドリア、リボソーム、リソソーム、ゴルジ装置、小胞体、中心体の機能説明を記載。人体は約60兆個の細胞で形成され、大きさは10㎛。人体で最大の細胞は卵子で200㎛。

スポンサードリンク



出典 救命士テキスト

DNA(デオキシリボ核酸)を保有し、細胞の活動を制御。

細胞膜

リン脂質とタンパク質からなり、物質の出入りを制御している。

細胞小器官

細胞内の一定の機能を有する有形質。細胞小器官、ミトコンドリア、リボソーム、リソソーム、ゴルジ装置、小胞体、中心体は細胞小器官。

ミトコンドリア

ATP(アデノシン三リン酸)を合成する。

リボソーム

蛋白質を合成

リソソーム

有機物を分解する酵素をもち、細胞内消化作用を行う。

ゴルジ装置

細胞内外の物質の貯蔵と供給を行う。

小胞体

蛋白質や脂質の合成を行う。外側にリボソームの付着したものを粗面小胞体、付着してないものを滑面小胞体といいう。
リボソームあると面が粗くなり粗面ないと面ツルツルで滑面。

中心体

染色体を引き付ける中心となる。

まとめ

国家試験でも必修などで良くてできます。特に核、ミトコンドリア、ATP、リボソームはよく問題にも出てきますので必ず覚えましょう!

 

この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す