鼻指試験とは

小脳性運動失調(四肢の運動失調)の有無を見る神経学的検査である。患者の示指を自分の指先に当てさせて、次にその指で検者の指先と、患者の指先を交互に触れるように命じる。

スポンサードリンク



出典 救命士テキスト

検者の指先は1回ごとに位置を移動させることが大切である。示指の動き方、振戦の出現、鼻先に正確に達するかどうかで「測定障害、共同運動不能、振戦の有無」が判定できる。小脳の障害では、同側に異常が出現する。

https://youtu.be/80HMO8SS5is

出典 youtube

スポンサードリンク


この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す