神経症状とは

救急医療における神経症状とは、麻痺や構音障害(呂律が回らない)、感覚の低下({脱失}触っているのがわからない、痛みを感じない)、異常感覚、手の巧緻(こうち)動作障害(微妙な動作が正確にできない)、歩行障害、視力や視野の異常、嗅覚や味覚の異常、姿勢保持困難などの観察所見のこと。

特に手足や顔面の麻痺、構音障害、視覚障害は脳卒中を判別するのに重要である。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す