LT(ラリンゲアルチューブ)の適応と固定方法 説明書も

LT(ラリンゲアルチューブ)の適応は心臓機能停止または呼吸機能停止です。固定方法固定方法はテープによる固定と器具による固定があります。

スポンサードリンク


LTの適応

一覧
出典 救急救命士テキスト

LT(ラリンゲアルチューブ)の適応は心臓機能停止または呼吸機能停止です。

基本的にはCPA状態はもちろん、呼吸停止(呼吸はないが総頸動脈触れる)状態でも使用できます。ただし、各地域のメディカルコントロールに従ってください。

地域によって違いがあります。

CPAなら必ずLTを指示要請する。BVMで換気不良なら指示要請する。搬送に20分以上かかるなら指示要請する。などなど…

説明書リンク

LTの禁忌は?

LTは気管挿管と違い頚椎損傷疑いでも使用できます。また、WBなどとも違い食道静脈瘤の患者にも使用可能です。ただし、リスクがないわけではないので理解したうえで慎重に使用することが求められます。

使用できない例は?

食道静脈瘤以外の食道疾患に禁忌です。
食道損傷を起こす可能性があることを念頭においておきましょう。

テープによる固定方法

テープ固定

上の写真がテープ2本とバイトブロックによる固定です。

①長さの違うテープを用意し、先に上顎側から固定する。使用するのは短いほうのテープ。

上顎LT

②バイトブロックを挿入し下顎側を固定する。

テープ固定

ポイント

上顎はチューブの上から固定。下顎は下から固定する。覚え方は上上下下。

チューブやバイトブロックに巻きつけるときはテンションを掛ける。逆に肌に貼り付けるときはテンションは掛けない。

もみ上げにかからないようにする。

固定している最中ももちろん換気は続ける。2名による固定なので保持のコンビネーションが大切。

専用器具による固定

lt

LTには上の写真のような固定器具が付属しています。こちらのほうが簡単に早く固定できます。固定とともにバイトブロックの役割も果たしてくれます。

①固定具を挿入しゴムをフックにかけ頭の下に通す。

②チューブに数回巻きつけてもうひとつのフックに掛ける。

ltkotei

出典 VBMラリンゲルチューブ説明書

個人的には専用固定具のほうが迅速に固定できるので優先して使用します。ただし、大切なのは質の高いCPR、中断時間の少ない胸骨圧迫と換気です。個人のスキルも大切ですが、隊の連携を高める訓練をしましょう。

スポンサードリンク


この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す