救命士の静脈路確保資器材点検要領。何を確認、呼称するのか?

ラクテック

救命士が行う特定行為の中で静脈路確保があります。いわゆる点滴です。ただし、この処置が行うことができるのは心臓停止、呼吸停止もしくはその両方(CPA)、ショック状態、低血糖発作の傷病者にだけ実施できます。ここでは静脈路確保前の点検方法のセリフを記載します。

スポンサードリンク


乳酸リンゲル液 使用期限○年○月よし

変色 濁り なし

滅菌シールよし

区血帯よし

ラインよし

ドレッシングテープよし

酒精綿よし

静脈留置針よし

固定テープよし

廃棄ボトルよし

資器材点検よし

ワンポイントアドバイス

静脈路確保では細かな資器材の数が多いので、自分のなかで○点あると決めておいて、点検直前に数を数えると忘れ物が減ります。また、実際の現場では朝の車両点検時に資器材を確認していると思います。現場で活動しやすいように配置しておくことが大切です。酒精綿は予想外のアクシデントに対応するために必ず複数枚用意しましょう。

スポンサードリンク


この記事が参考になったら「いいね!」しよう

Facebook・Twitterで最新情報をお届け中!

最新情報や役立つ情報を更新中!

あなたのクリックが応援になります! にほんブログ村

コメントを残す